食事療法なら宅配サービスを選択しよう!腎臓病食や糖尿病食の選び方

はじめに

糖尿病や腎臓病といった疾患にかかってしまうと、食生活の改善を指導されることもあり、「病食」という選択肢を視野に入れることもあるでしょう。そこで、当サイトでは糖尿病食や腎臓病食に関する記事をまとめてみました。

腎臓病食や糖尿病食の宅配サービスが人気のワケ

料理

病食が選ばれる理由とは

糖尿病や腎臓病などの疾患の療法では、食事療法という手段がとられることもあり、糖尿病食や腎臓病食の宅配サービスは多くの方々に利用されています。何故、これらの病食の宅配サービスが選ばれているのかというと、「手間暇が必要なく、ヘルシーな食材を堪能できる」という意見が多いです。また、栄養バランスやアレルギーに関する詳細情報もきちんと明記しているので、安全性が高いという意見もあります。

冷蔵タイプと冷凍タイプの違い

病食の宅配サービスで提供している商品には、冷蔵タイプの病食と冷凍タイプの病食があり、どちらを選ぶか迷ったことがある方も少なくないでしょう。一見、冷蔵タイプと冷凍タイプではそれほど違いがないと思いがちですが、それぞれで良さがあります。冷蔵タイプは新鮮な食材の料理をすぐに食べることができるので、味付けや食感において満足度が高いです。一方、冷凍タイプは保存が利くので、まとめて注文して好きな時に食べられるというメリットがあります。どちらのタイプの商品がいいかは自身のライフスタイルに合わせて決めるといいでしょう。

宅配サービスの選び方

宅配サービスを提供している会社は今や沢山あります。その為、どの宅配サービスを利用すればいいか迷うことも少なくないはずです。優良な宅配サービスの見分け方といくつかありますが、安全性や栄養バランスを考えるのであれば、医療機関から認可されている会社を選ぶといいでしょう。医療機関から認可されているということは、食品の安全性は保証されているとほとんど同意義です。また、医学的な効果検証をしている会社も多く、このような宅配サービスなら腎臓病や糖尿病の改善に繋がることでしょう。

食事療法を継続するコツ

病食を継続して続けるためには、やはり自身が美味しいと思って食べれる食材や料理を摂取する他ありません。さらにいうと、食事療法を進める上で、「食事療法は症状の改善には必要な治療」という意識を持って取り組むべきです。確かに、糖尿病や腎臓病はガンなどの病気に比べては危険性が少ない病気です。しかし、治療しなれば、様々な疾患と併発する恐れがあるということを理解して食事療法を続けましょう。

糖尿病の原因5選

no.1

食生活

糖尿病患者の大半は食生活について指摘されており、それほど糖尿病は食生活の影響も非常に大きいです。例えば、私達が普段から主食としているパンやご飯、麵類などは炭水化物として分類されますが、この炭水化物は多くの糖質を含んでおり、摂取量が多いと血糖値が高まる恐れもあります。

no.2

肥満

肥満体型になると、血糖値を下げるため大量のインスリンを必要とし、糖尿病になるとインスリンの分泌量が減少してしまうといった悪循環を引き起こします。その為、血糖値が高くて病院で治療する際に、まずダイエットを勧められるのです。

no.3

運動不足

ほとんどの方は大人になるにつれて、運動しなくなります。10代の頃は基礎代謝も高く、運動しなくてもエネルギーは消費されていました。しかし、加齢を伴なうごとに基礎代謝は低下し、エネルギーが消化できずに体内でブドウ糖が余ってしまい、これが結果として糖尿病になるということもあります。

no.4

睡眠不足

睡眠不足に伴い、身体の色々な機能が低下する現象が起こりますが、インスリンもその1つに該当します。睡眠不足の状態が続くことでインスリンの働きを阻害し、これにより糖尿病が発症したり、状態が悪化したりすることもあります。

no.5

アルコールの過剰摂取

アルコール類は高カロリーでありながら、栄養素がほとんど含まれていません。さらに、血糖値を下げるインスリンは膵臓から分泌されるのですが、飲みすぎると膵臓の細胞を破壊してしまい、インスリンの分泌量を減少させる危険性もあります。

1型と2型で異なる

糖尿病は1型と2型がありますが、それぞれで主な原因が異なります。1型は小児期に起こることが多いタイプの糖尿病で、大人で発症することは稀です。この1型の糖尿病は生活習慣病が原因ではなく、遺伝因子・環境因子などが関係していると言われています。一方、2型は日本人の糖尿病患者のうち、95%を占めている糖尿病です。2型の原因は様々で特定出来てないケースも多々ありますが、生活習慣病やストレスが関係していると言われています。

ここがポイント!

腎臓病や糖尿病などの疾患は、食事面でのケア・サポートが何よりも大切です。早期回復を目指すためにも、栄養バランスの採れた食生活を行なうようにしましょう。

広告募集中